スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ピョルバラギ 引退まで考えた、接着剤入り飲料水事件

ピョルバラギ 引退まで考えた、接着剤入り飲料水事件


<東方神起 ユンホ「接着剤入り飲料水事件、引退まで考えるほど辛かった」>

ピョルバラギ2

東方神起のユンホが、接着剤を入れた飲料水事件について言及した。

24日に韓国で放送されたMBCバラエティ番組「ピョルバラギ」では、8年前にユンホに起きた接着剤入り飲料水事件について言及し、視線を引きつけた。

この日ユンホは「バラエティ番組の収録を終えて、ある20代の女性が飲み物をくれたので飲んだ。僕は蓋を開けたら一気に飲むタイプだ。その後すぐに倒れたが、血を吐きながら倒れたといわれた。すぐに病院に運ばれた」と明かした。

続いてユンホは「白い強力接着剤が入っていた。それが胃の中に入ったため、胃洗浄をした」とし、「一時期、逆流性胃炎のため大変だった。その後飲み物も飲めなくなるほど大変だったが、今はすべて乗り越えた。あのときは引退まで考えるほど大変だった。人と目を合わせるのも辛くて、パニック障害を経験したりもした」と告白した。


(ソース:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2000036)


何故ユノがこのようなことをされなければならないのか。
今考えても許せない恐ろしい行為です。
接着剤入りだったから、ユノの口から瓶を取ったとき、ユノの唇の皮膚が剥がれて血が出ていたと聞いたことがあります。
まかり間違えば、命だって危険だったはず。
そんな目にあったのに、その犯人の少女が罪に問われないように配慮したユノ。
本当に、色々な苦労を経て、今のユノがいるんですね・・・。
その胸のうちは、誰にもわからない。
ただ言えることは、誰にも言えないような苦労を重ねてきた人だから
本当に、強くて優しい人なんだということです。



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。