スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

夜警日誌 チョン・ユンホ、キャラクターと一緒に成長する演技力

夜警日誌 チョン・ユンホ、キャラクターと一緒に成長する演技力

妹を思うムソク様の表情がせつなくて、涙を誘います。
早くに両親を亡くしたムソク兄妹。
幼い妹をかばいながら、必死に生きてきたムソク。
自分を父と思えという、あたたかい言葉とは裏腹に、いずれ利用しようと考える伯父。
ムソク少年の子供時代が垣間見えて、これからの展開も更に興味深いです。


ヤギョンクン日誌」チョン·ユンホ、キャラクターと一緒に成長する演技力

A201409100036_1_99_20140910030802.jpg


「ヤギョンクン日誌」チョン·ユンホの演技の成長が興味深い。


今週放映されたMBC月火ドラマ「ヤギョンクン日誌(演出イ·ジュファン、ユン·ジフン|脚本ユ·ドンユン、バンジヨウン、キム·ソンヒ)」で最も引き立って見えたのは、ムソク(チョン·ユノ)のキャラクターだった。インファ(キム·ソヨン)に向けたムソクの懐かしさは、記述的な展開の中でも感性を刺激した。

「ヤギョンクン日誌」9回では、ムソクの妹インファが天然痘で亡くなったという事実が明らかになった。サダム(ギムソンオ方)がママ神を呼びこんで、都に疫病が回る時とかみ合って現れた幽霊インファと、インファに向けたムソクの懐かしさは切実で切なくした。

その裏側にはチョン·ユンホの安定した演技があった。チョン·ユンホはブラウン管デビュー作'地面にヘディング'から前作「野王」に至るまで、継続して演技力論議に苦しめられた。しかし、「ヤギョンクン日誌」は、初めての史劇挑戦にもかかわらず、安定した演技を見せて注目を集めた。

好演の背景には、ムソクと呼ばれるキャラクターの強さがあったことを排除することができないだろう。寡黙な護衛武士ムソクは、セリフの難しさが少なく、俳優の長所である派手なアクションを見せることができるキャラクターだった。また、ムソクは「ヤギョンクン日誌」のキャラクターの中で最も蓋然性のある人物でもある。


A201409100036_2_99_20140910030802.jpg



調室親と親戚の手に委ねられて厳格な教育の中に無事に育てたという成長の背景にふさわしい性格はもちろん、彼を取り巻く周囲の人物たちとの関係も有機をもたらした。キサングンに向けた忠誠心と修練を心に持ちながら、インファの死にまつわる日々により培われたものであり、ドーハ(ゴソンフイ方)とのラブラインもイ・リョン(チョン·イル方)の感情よりも説得力を持っていた。

9、10回に明らかになったムソクの過去は、現在の彼が存在して行動している理由を植え付けた。そのため、ムソクの感情は彼を演じる俳優も、眺める視聴者にも共感として近づいてきたのだった。

もちろんムソクの派手なアクションと寡黙が微細な表情の演技を消化する俳優チョン·ユンホもぐんぐん成長した演技力を見せてくれていることが明らかである。また、9回にインファに向けた悲しみを爆発させる場面では、安定した感情演技で感性を刺激した。

ムソクは秀麗な外見と涼しく真っ直ぐな性格、その中に痛い傷を抱いている魅力的なキャラクターである。しかし、ムソクを魅力的に作ってくれたのは、俳優の容貌と表情、ジェスチャーでもある。チョン·ユンホはムソクと一緒に成長している。ムソクがパクスジョン(イ·ジェヨン方)のそばを離れイ・リョンの方に立つとした時に、俳優チョン·ユンホがどんな姿を見せるのか気になる。


(ソース:http://reviewstar.wowtv.co.kr/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10204514)

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。