スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

夜警日誌 チョン·イル·ユンホ、360度ナノ魅力分析」巨頭対決」

夜警日誌 チョン·イル·ユンホ、360度ナノ魅力分析」巨頭対決」

「ヤギョンクン日誌」チョン·イルとチョン·ユンホの巨頭対決を成す魅力が注目を集めている。彫刻ルックスからセクシーバックまでこんこんとあふれる魅力を「ヤギョンクン日誌」を通じて思う存分誇っていること。

夜警日誌 OSEAN

18日MBC月火ドラマ「ヤギョンクン日誌」(脚本ユ·ドンユンバンジヨウン、演出イ·ジュファンユンジフン)側は「覚醒リンチョン·イルと「ゴッドムソク」チョン·ユノの魅力ポイントを360度、ナノ分析公開した。

イ・リン(チョン·イル分)とムソク(チョン·ユノ)は、大きい身長に彫刻のような目鼻立ちと凛とした姿でどのような韓服の衣装も着こなし消化視聴者の目を楽しませた。何より公開された写真の中に二人の男の凛とした後ろ姿が含まれており、女心を揺さぶっている。

まずイ・リンは大軍という場所にふさわしく、序盤派手な姿で魅力を発散した。普通の塗布を着用するよりも、明るい色の絹の花の刺繍を配置した塗布を着用して花が描かれた手の負債を持ち、キャラクターの性格を明らかにアイテムに活用するセンスを見せてくれた。

イ・リンはヘジョンと、中の死に隠された秘密を知ることになっ'ヤギョンクン」に覚醒することになる、この過程で、その前は他の魅力を披露し女心をひきつけた。すぐに隠しておいた剣術実力とするヤギョンクン仲間のために命まで出すほど忠実な姿を誇ったこと。特にサダムが召喚した悪霊を夜景術を利用して貴蔑視させる姿や死の境界まで行くされているムソクを救うために自分の命をかけてあの世に去る姿は一指尺成長したイ・リンの魅力を感じさせる。

初登場以来、「ゴッドムソク(God+ムソク)」と呼ばれ、特別な存在感を誇るムソク。彼は初志一貫キサン君に向けた「心から」を強調し、真の忠臣の姿に信頼して、講壇の武士の魅力を発散した。何よりも剣であれば剣、弓の場合は弓の武器でも自由自在に使用した幅の絵のようなアクションを完成して視聴者たちの好評を引き出した。

普段大きな感情の変化を示さないムソク妹イナ(キム·ソヨン)の死の前に嗚咽する場面、パクスジョンの罠に陥って死の境界で直前キサン君に最後の挨拶をするように頭を下げた後、倒れ涙をほろほろ流すシーンなど劇にも、他の感情をしっかりと表現し、ムソクだけが持つことができる直立した魅力を誇った。

また、二人は一緒にヤギョンクンで活躍し、お互いの魅力を最大限に引き出している。イ・リンは、「ヤギョンクン」の次期リーダーとしての資質と能力を性格に溶かしており、ムソクは「夜景術」まで完璧に消化して'ヤギョンクン「パワーの核に浮び上がって自然に「ヤギョンクン」の活躍に期待感が増幅されている。

一方、「ヤギョンクン日誌」は、朝鮮時代を背景に、幽霊を否定する者と幽霊を利用しようとする者は、幽霊を物理打とうとする者、三つの勢力の間で繰り広げられる物語を軽快な感覚で描いたファンタジーロマンス活劇。来る23日午後10時放送される。


ソース:http://osen.mt.co.kr/article/G1109984481

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。