スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ぽわぽわなユノが男の顔になるとき

ぽわぽわなユノが男の顔になるとき

毎日「WITH」聴いています。
今回のアルバムも、付いているDVDがとてもいいですね。
DVDを何回も何回も繰り返し見ています。
家族が寝静まった夜中に。

「Spinning」のoff shotムービーで、モニターを真剣な表情で見るユノにドキドキします。
モニターを自分のスマホで撮影して、チェックするユノ。
その顔は、仕事をする真剣な男の顔です。
いつものぽわぽわなユノちゃんとは違う人みたいです。

a-nationのoff shotムービーでも、ひとつひとつの動きに対して
色々な意見やアイデアを言う場面がありますけれど
すべての動きが、計算されたものであるということに
今更ながら気づいたりします。
プロフェッショナルなんですよね。
いかにお客さんを楽しませるか、いかに満足して帰ってもらうか
常にそういうことを考えている人たちですね。

a-nationの出番の前に「魅せましょう!俺たちはなぜ違うのか!」
そう言っている場面があって
その自信はどこから来るのか、と言えば
完璧なパフォーマンスを仕上げてきた確信があるからこそ
出る言葉なんだと思います。

「WITH」はまた今までとは違ったスタイルの曲がたくさんあって
また新しい世界を見せてくれるであろうツアーが楽しみでなりません。

「WITH」の全体の構成は、なんだか古き昭和の時代に流行った
アメリカのバンドやドリス・デイをカバーした江利チエミとかザ・ピーナッツを連想させます。
子供のころに聴いた、バンドのメロディーとか、歌謡曲です。

CD盤のみに入っている「Chrismas is loving」は、どこかで聴いたことのあるような
懐かしさがこみ上げます。
「夢であいましょう」に似ています。永六輔さんの。
歌詞の中にも、夢であいましょうって出てきますね。

ふたりの歌い方が好きです。
この曲に包まれて眠りに落ちたいです。





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。