スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

福岡2日目の感想

福岡2日目の感想

福岡2日目の感想を思い出したことをぼちぼち書いていこうと思います。

まず、ムービングステージ。
これを導入したことは、とても素晴らしいです。
ムービングステージって、嵐とかのジャニーズのステージではおなじみなんですよね。
ジャニーズの真似をしろとは言いませんが、ファンサという点ではジャニーズを見習ってもいいかもしれません。
少しでもファンの近くに行くって、とても素敵なことだと思います。
あの透明なステージに乗ったチャンミンが近くを通るとき、仕草のひとつひとつをガン見しちゃいました。
前髪を何度も直す仕草が、なんともいえず可愛かったんです。

ステージがドーム後方へと向かっていくとき、きっとドーム後方の方たちは鳥肌がたったのではないでしょうか?
あの迫力はすごいです。
今回、ドーム後方席やアリーナ後方席が良席となりましたね。
ただ、トロッコでの移動が1回だけだったのには、ちょっと物足りなさが残りました。
まず、徒歩でバクステまで向かうユノとチャンミンを、肉眼で見ることのできるのは
スタンディング前方、もしくは、アリーナ通路側の方たちだけです。
スタンディングの後方席は背伸びしたとしても見ることはできないでしょう。
やはり、移動はトロッコに乗って移動してほしいです。
それならアリーナ中ほどにいても彼らを見ることができますよね。

それから、今回、日産スタジアムの時のような腕時計型ライトがスペシャルグッズで配られました。
大画面に、赤いペンライトOFFとか、ONとか出るのに、見ていないのでしょうか(>_<)
P席から見ていて、点々と赤いペンライトが灯っていて、これはLIVEの回を重ねるごとに
ファンもちゃんと揃えられるようにしなくてはいけないですね。
これは、ファン全体の課題ですね。
きっちりと揃ったら、もっと綺麗だと思うから。

ダンサーさんとバンドさんの紹介で、バックステージの様子などを映していて
まるで「T1STORY」みたいだと思いました。
ソウルで見て、すごくいいなぁって思っていたので、日本でもこれを取り入れてくれて
すごく良かったです。

今回のセトリ、すごくいいです。
No?を歌うとは思っていなかったです。
昔のCDを聴くと、ユノとチャンミンの声が幼くて
その歌を、大人の男になった彼らが歌うと、本当に色っぽい。艶っぽい。
あの頃の曲は、幼い男の子が背伸びしたような大人の曲がたくさんあったので
今の彼らに歌わせたいです。

そして、ライサンもHumanoidsも、決して同じものを魅せないという
彼らのすごさを感じました。
アレンジして、また新鮮なものとして、私たちに届ける。
進化し続けているんです。
バラードは、本当に感動させられました。
ステージが近いということもありますが、彼らの全身全霊で歌っているという
そういう迫力がひしひしと伝わってきました。
私が好きな「Before U go」
圧巻でしたね。

VCRの中で、ユノとチャンミンが「東方神起HISTORY」という本を開くと
ふたりで活動再開してからのMVが本の中に現れるんですけど
不覚にも、ここで泣いてしまった私。
涙があふれてしまいました。

家に帰ってから、購入したビギのカレンダーを見ていて
またもや泣いてしまった。
つらかったことも、大変だったことも
みんなみんな、二人で乗り越えた。
二人が乗り越えていく隣で、私たちも共に歩んできたんだなぁって。
なんかジーンとしてしまった。

こんなにも幸せな気持ちを抱かせてくれるユノとチャンミン。
早くまた会いに行きたい。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。